街開きの歴史から現在

1945年
東京湾に残された数少ない臨海部を食料増産のために緊急開拓することが決まり、その一つとして幕張も埋め立て地の一つとなる。その後、事業目的は中小企業工業用地造成に変更。

1970年海水浴客で賑わう幕張海岸
1967年
都心から30キロ圏、広大な埋め立て可能な稲毛、検見川、幕張に計画人口24万人の海浜ニュータウン建設が計画される。
1975年
「幕張新都心(A地区)基本計画発表。 業務中枢機能の東京一極集中に歯止めをかける事を目的に、住宅中心の土地利用計画に大幅に見直し。 現在の幕張新都心を構成する要素も出そろう。


幕張新都心の最初のマスタープラン
([幕張新都心基本計画]平面図)

1976年
千葉県内の進学率上昇と学生数上昇に対応して、幕張新都心に教育文化機能を充実させる「学園の街」構想が示される。 81年より県立衛生短期大学、放送大学、神田外語大学など大学3校、高校6校などにより文教地区が形成される。 ※平成8年4月、幕張3校を統合して県立幕張総合高校が開校

1976年の幕張。埋め立て開始から3年、全体の輪郭が見えてきた。
手前の埋め立て地は稲毛、検見川。

1980年
79年、成田に新国際空港開港。併せて湾岸道路、東関東自動車道、JR京葉線などのインフラが進む。 一方埋め立て事業は80年に完了。 人工海浜「いなげの浜」、「幕張の浜」もオープン。

1980年、埋め立て完了。
1982年
知事が幕張メッセ建築構想発表。 千葉市は、千葉スタジアム構想を発表。

1983年
「幕張新都心構想」、「かずさアカデミアパーク構想」、「成田国際空港都市構想」の3つの基幹プロジェクトとした「千葉新産業三角構想」が決定。東京と成田の中間に位置する幕張は、業務機能の中心に位置づけられる。


三極を中心に面 的な発展をめざす千葉新産業三角構想

1985年
「幕張新都心都市施設基本計画」により、幕張新都心を21世紀にふさわしい都市として整備していくために、交通輸送計画、環境整備計画、都市整備計画の具体案を作成。現在の土地利用の骨格が完成。

1988年
日本IBM、セイコー電子工業など業務研究地区の立地企業選定と分譲が始まる。 同時に進出企業を中心に幕張新都心まちづくり協議会が発足。

1989年
10月幕張メッセが完成。 幕張は名実ともに国際コンベンション都市となる。 同月、第28回「東京モーターショー」がメッセで開催される。


メッセのこけら落としとなった「第28回東京モーターショー」
1990年
幕張メッセの海側に「千葉マリンスタジアム」オープン。 「幕張新都心都市施設基本計画」が決定。 翌91年住宅事業者8グループ(機構[旧公団]・公社・民間6グループ)を選定。93年に着工。
1990年3月に幕張海浜公園内に オープンした、 千葉マリンスタジアム。 業務地区のビル郡の間を縫って走る スカイウェイ 1991年1月開発前の
ベイタウン

1992年  
各企業の一般施設も次々オープン。幕張新都心の総合的な街づくりに対して自治体では初めて日本都市計画学会賞石川賞が千葉県に贈られる。
富士通 ドームシアター IBMコンピュータ・ギャラリー BMWショールーム

1994年
住宅地区は、パティオス1〜6番街一期分譲が開始。 幕張方式といわれる「土地転賃借権付分譲住宅」方式が注目を集めて、最高402倍の応募倍率となる。 幕張メッセの拡張計画も発表される。

住宅地のランドスケープ図。アーバンデザインを重視し、公共施設、住宅、道路環境などの設計が行われた。(Desin : Andrew Spurlock/Martin Poirier)

1995年
住宅地区「幕張ベイタウン」入居開始。

ベイタウン街開きセレモニー

1995年1月
パティオス1〜6番街
開発中の ベイタウン

ベイタウンの入居に合わせて
小・中学校も開校
1995年 3月パティオス1〜6番街入居開始
12月パティオス7、9番街入居開始
 
幕張ベイタウン 世帯数・人口 :12月末 供給戸数 939戸
人口約2100人
1996年
1996年 3月パティオス8、10〜12番街入居開始
12月ミラリオ入居開始
 
幕張ベイタウン 世帯数・人口 :12月末

供給戸数1609戸
人口約4000人

1997年
幕張メッセ国際展示場9〜11ホールが増設オープン。 JR海浜幕張駅とベイタウンを結ぶ路線バスが開通。
1997年 3月パティオス16〜18番街入居開始
12月ミラリオ入居開始
 

幕張ベイタウン 世帯数・人口 :12月末

供給戸数2179戸
人口約5600人

1998年
幕張ベイタウンの超高層街区にスーパーマーケット「リンコス」がオープン。
1998年 3月パティオス13番街入居開始
8月ミラリオ入居開始
 
幕張ベイタウン世帯数・人口:12月末 供給戸数2427戸
人口約6600人

1999年
1999年2月撮影
幕張ベイタウンがグッドデザイン賞施設部門のアーバンデザイン賞受賞。
3月グランパティオス公園西の街入居開始
7月パティオス15番街入居開始
8月グランパティオス公園東の街入居開始
セントラルパークウェスト入居開始
 
幕張ベイタウン世帯数・人口 :12月末

供給戸数3218戸
人口約8600人

2000年
海浜幕張駅周辺に大規模商業施設が続々オープン。

    カルフール
3月 セントラルパークウェスト入居開始
6月 グランパティオス公園東の街入居開始
10月 ガーデンウォ〜ク幕張オープン
12月 カルフールオープン
コストコホールセールオープン
 
幕張ベイタウン世帯数・人口 :12月末 供給戸数3527戸
人口約9600人

2001年
3月末人口1万人突破。

3月 セントラルパークウエスト シータワー入居開始
4月 海浜打瀬小学校開校
6月 セントラルパークイースト ウィリング入居開始
12月 パティオス21番街入居開始
 
幕張ベイタウン世帯数・人口 :12月末 供給戸数3977戸
人口約11300人
2001年11月撮影

2002年
3月パティオス20番街入居開始
  幕張ベイタウン・コア オープン
4月打瀬保育園開所
6月シネプレックス10幕張 オープン
打瀬保育園 幕張ベイタウン・コア

2003年
 
3月 ミラマール入居開始
 
 

BACK
TOP